【四日市の「茶室のあるお家」大規模リフォーム後の素敵な佇まいをご覧ください】

四日市で手がけていた「茶室のあるお家」大規模リフォームでは、お茶室づくりの奥深さを学ばせていただきました。

ひと口に茶室といっても、お茶の流派や施主さまが師事されている先生のお考えによって、さまざまな様式があり、畳の敷き方や畳縁の入れ方、炉の配置などが細かく決められています。さらに、お部屋の広さに合わせて炉の位置や茶器の配置を調整する必要もありました。

畳の目数も茶室に使う畳は「茶室目」といって、一般的な畳よりも少しピッチが短くなっています。茶道では茶器を置く時に畳目の数が基準となるため、畳の配置も寸分の狂いなく進めることが求められました。

ご要望を詳細に伺い、施主さまが師事されている先生に何度もご指示をいただきながら、ようやく完成したお茶室。私たちにとっても貴重な経験になりました。

アムキットホームを中心にした住宅事業部では、お客さまのご要望に最大限に沿えるように、ご相談を重ねながら丁寧にリフォームを進めています。

生まれ変わったお家で理想の暮らしを実現できるように、ぜひ私たちにご相談ください。