【冬でも暖かい家は、窓から熱が逃げない家です】

毎日寒い日が続きますね。

この時期になると、やはり、「冬でも暖かい家」という響きに憧れてしまうもの。現在お住まいのお家、暖かさは実感できているでしょうか。

暖房をかけて家の中を暖めていても、窓の近くはひんやりする

そんなお声もよく聞きます。というのも、家の中の熱の約50%は窓から外へ流出してしまうのです。夏場であれば、約70%の熱が外から窓を通って室内に入ってきます

四季を通じて快適なお住まいを実現するには、窓の断熱性能が何より大事なことがわかりますよね。

アムキットホームの家では、高性能樹脂サッシYKKAP APW330」を標準採用。樹脂と複層ガラスによって国内最高レベルの断熱性を実現しています。

アルミサッシの複層ガラスの窓と比べた場合、室外が0度、室内が24度の設定で、ガラス中央部は5度、下層部ではなんと10度以上の違いが生じるという試験結果があります。

暖かさの違いは一目瞭然ですよね。

モデルハウスを訪れたことのある方は、リビング一杯に広がる大きな窓の開放感を味わっていただいたことと思います。モデルハウスにも、もちろん高性能樹脂サッシYKKAP APW330」を採用。大きな窓を設置していても外気温の影響を受けずに暖かい室内空間で過ごすことができます。

アムキットホームでは今回ご紹介した窓断熱に加えて、壁の断熱材にもこだわって家づくりをすすめています。そのお話はまた、あらためてご紹介します。