【四日市にアムキットホームSE構法のお家が完成──納得のいくプランが完成するまで何度でも打ち合わせを重ねさせていただきました】

先日、四日市に完成したSE構法のお家。吹き抜けのリビングに大きな窓というまさにSE構法ならではの開放的な大空間を実現しています。

注文住宅のお家にはお客さまのさまざまな想いが詰まっています。1棟1棟が私たちにとっても感慨深い家づくりになりますが、こちらのお家では設計プランが完成するまでに幾度なく打ち合わせを重ねていったことが印象深く残っています

注文住宅の設計はまずはお客さまの想い、ご要望をたっぷりと聞かせていただくことからスタートします。アムキットホームオリジナルの「1000の質問シート」を元に家づくりへの具体的なイメージを描いていただき、その内容をアドバイザーが詳しくヒアリングした上で設計プランへと落とし込んでいくという流れになります。

もちろん、実際に家づくりを進める中ではご予算や敷地の広さなどの制約もあります。理想の間取りや吹き抜けなどの空間設計にできる限り近づけた形でプランを作成し、そこからさらに打ち合わせを経ながらプランを磨き上げていくことになります。

四日市のお家では最初のプランから10回近くの打ち合わせを重ね、ときにはお客さまと一緒に頭を悩ませながら、十分に時間をかけてプランづくりを進めていきました。

そして、ついにご納得いただけるプランが完成。一緒に歩んだ道のりが長いほどゴールにたどりついたときの充実感もひとしおです