【三重県四日市で台風に強い家を建てるなら──アムキットホームでは通常の木造住宅で行われていない「構造計算」を行う「耐震構法SE構法」を採用しています】

地震や台風などの自然災害で家屋に被害が及んだというニュースが見聞きするにつれ、家づくりの条件に「強い家」であること重視されるようになった方も多いのではないでしょうか。

大切なご家族とともに暮らすご自宅。各地で続発する大地震や、列島縦断で大きな被害をもたらした大型台風、津波などの自然災害に遭った際にも、“しっかりと”建っていてくれる家でなければいけません。

三重県四日市のアムキットホームが採用している「耐震構法SE構法」は、「構造計算」によってあらかじめ地震の揺れや風の力を想定し、それに耐えうる性能を持った注文住宅を可能にしています。

構造計算」とは、建物を設計するときに安全性を客観的な数値で計算する作業ですが、木造2階建ての家では実施は義務付けられていません。

構造計算を実施するためにはいくつかの条件があります。住宅の構造を構成するすべての部材の強度がわかっていることや、基礎や構造部材接合部の強度が一定の基準値を満たしていること。これが満たされて初めて構造計算が可能になり、家の安全性を数値によって証明できるのです。

アムキットホームではビルやマンションと同じように綿密な「構造計算」を、お客さまのお家1棟ごとに行っています。土地の周辺環境や立地条件によって、1棟1棟お家の強さを実現するための条件が異なるからです。

1棟1棟構造計算を行って、お家の強さを理論的に裏付けるのは非常に手間のかかる作業になりますが、安心して暮らしていただくためには必要不可欠なこと。アムキットホームはすべてのお家にSE構法を採用し、地震や台風など災害に「強い家」を実現しています。