【“冬暖かく、夏涼しい家”を実現する道すじは「断熱性能」だけではありません】

“冬暖かく、夏涼しい家”を実現する快適な家づくりというと、「断熱性能」をイメージされる方も多いのではないでしょうか。

たしかに、家の中の温度を快適に保つためには断熱性能は大切な要素のひとつです。アムキットホームでも優れた断熱性能を持つ天然の木質繊維「セルローズファイバー」を採用して、外部からの熱の侵入を抑え、室内の熱を逃さない家づくりに取り組んでいます。

しかし、快適なお住まいを実現するための道すじは、断熱性能を追求するだけでは十分ではありません。

夏場の暑い陽射しを遮り、冬場に暖かい陽射しを採り入れる。
風通しの良い家、1日中明るい光が降り注ぐ家。
こうした自然の力を活用した設計のポイントを追求していく家づくりが必要になります。

アムキットホームでは設計の際に、たとえば日除けの庇を設置することでどの程度、家の中の温度の上下幅や、気密性の違いがもたらす温度変化といったデータを設計士が目に見えるように数値化

お家がどの季節にも1日中快適な温度を保てるようにシミュレーションを重ねながら、お家の向きや窓の位置、庇の奥行きなどをデータに基づいて設計しています。

“冬暖かく、夏涼しい家”の実現、そこには綿密なシミュレーションによって得られた確かな裏付けがあるのです。