【“バランスの良い家”は構造計算された「基礎」から生まれます──三重県四日市市で“強い家”を建てるならアムキットホーム】

四日市市桜町に建築中のSE構法のお家では、先日来、基礎工事が進んでいました。

基礎工事」と言われてもすぐにはピンと来ない方もみえるかもしれませんが、地面と建物をつなぐ部分にあたるのが「基礎です。建物を支える土台になりますので、この部分がしっかりしていなければ、“強い家”を建てることはできません。

基礎の下にあるのは、その土地の「地盤」です。まずは地盤調査を行い、基礎工事を進めていくわけですが、地盤だけでなく、その上に建つお家によって生じる力の分布に応じて適切に基礎梁を配置する必要があります

ほとんどの木造住宅ではこの基礎部分の「構造計算」が行われていないことをご存知でしょうか。

アムキットホームが採用しているSE構法では、建物から地盤に伝わる力を専門の解析技術によって計算し、地盤に応じた強固な基礎設計を行っています

この構造計算の結果に応じて、基礎のコンクリート部分に施す鉄筋の太さや配筋のピッチが決まってくるのです。写真をご覧いただければおわかりのように、こちらのお家でも配筋のピッチが10センチ幅の場所や20センチ幅の場所があります。

こうした基礎工事第三者機関による厳正な検査によって安全のお墨付きを経てから、次の工程へと進んでいきます。

SE構法ならではの正確な構造計算によって仕上げられた基礎。その上に建つお家は、地震や台風による負荷に耐えうるバランスの良い家”となります。

お家が建った後では見えない部分となる「基礎」ですが、“強い家”を建てるためには、綿密な構造計算によって設計する必要があるのです。