【四日市で「二世帯住宅」に建て替えるなら──四日市市のアムキットホーム】

ご結婚、出産やご両親のお住まいの老朽化などをきっかけに、ご実家の二世帯住宅への建て替えを検討されている方も多いことと思います。

完全同居型であればキッチンやお風呂も一つですが、1階と2階に住み分けて暮らす分離型の二世帯住宅でしたら、キッチンやお風呂は子ども世帯の暮らす2階にも作ることになり、2階にかかる重量の負担が大きくなります

また、ビルトインガレージにした場合、1階部分に3台以上停められるスペースが必要になることも想定されます。

二世帯住宅への建て替えで、こうした設計の自由度を確保しながら安心・安全なお住まいを実現するためには、通常のお家以上に十分な耐震性能に備える必要があります。

アムキットホームが採用している「SE構法」は、阪神淡路大震災で多くの家屋が倒壊したことをきっかけに生まれた工法です。強度が高く品質の安定した「構造用集成材」や、柱と梁が強固に結合された「ラーメン構造」を採用。さらに、1棟ごとにビルやマンションと同じように綿密な「構造計算」を行い、木造住宅であっても大地震や強風に十分耐えられる“強い家”を実現しているのです。

小さなお子さんにご両親、大切なご家族が皆さん安心して暮らせるお家は、自由度の高い設計が実現できる“強い家”であってほしいもの。

SE構法の実績豊富なアムキットホームにぜひお任せください。