【断熱性能を左右する窓と壁の断熱材。四日市のアムキットホームモデルハウスで測定した確かなデータをご覧ください】

今年の冬は暖冬と言われていますが、それでもやはり夜になると冷えを感じるもの。暖房器具をつけていても、窓の近くなどではひんやりとした空気を感じる方もみえるのではないでしょうか。

お家の断熱性能は窓のタイプや壁の断熱材によって左右されますが、中でも熱の出入りが一番大きいのは、やはり窓になります。お家の中のさまざまな場所に取り付けられる窓。どんな種類を選ぶかによってお住まいの快適さが決まってくるのです。

アムキットホームのモデルハウスで採用しているのは高い断熱性能とデザイン性を誇る樹脂窓YKK APW330」。

樹脂窓は夏涼しく冬暖かい家を実現するためには必須のアイテムといえます。鉄やステンレス、アルミなどに比べて圧倒的に熱の伝わりにくい樹脂を室内・室外双方に採用することで、室内の暖かさを逃がさず、外の冷たい空気を室内に伝えにくい効果を発揮してくれるのです。

モデルハウスでは、樹脂窓の他にも、場所に応じてタイプの違う窓を設置しています。

新たに導入した新型サーモカメラで測定してみると、温度の違いは一目瞭然。室内温度を「見える化」することで、窓のタイプによる断熱性能の差を把握することができます

こうして蓄積したデータを元に、実際に家づくりではお家のそれぞれの場所に最も適した窓をご提案。冬でも暖かく暮らせる快適な家づくりを実現しています。