【二世帯住宅に建て替えるなら強い家を──三重県四日市市のアムキットホーム】

親世帯と息子・娘さんの子ども世帯を「共に暮らす場所」で繋ぐ二世帯住宅。子ども世代が子育て中であれば、3世代が揃って暮らす家となります。

親世代の方が長年住み慣れたお家や土地を利用して、息子さん、娘さんご夫婦と一緒に暮らすお家へ建て替えたり、増改築して一緒に暮らすことをお考えの方もみえると思います。

二世帯での暮らしの中で、親世帯が1階、子世帯が2階で暮らす完全分離型の二世帯住宅の場合、2階にもLDKやお風呂などを設置することになることが多く、2階部分にもかなりの重量の負荷がかかります。

2階の重量が重くなり、重心がお家の上の方にかかるほど、その重量負荷に見合った耐震性能を備えた家にする必要があります。

また、3階建ての二世帯住宅にして、1階は親世代2階はリビングで親子が出会う場所、3階を子ども世帯にするという暮らしのカタチも考えられます。

上の階の重量負荷が大きくなるため、木造の在来工法では耐震上の問題などで困難な面も出てくる可能性がありますが、そうしたお家でもご家族が安心して暮らすために選択肢として考えていただきたいのが「SE構法の家」です。

アムキットホームが採用している「SE構法」は、強度が高く品質の安定した「構造用集成材」を使用し、柱と梁が強固に結合された「ラーメン構造」を採用。木造2階建て住宅では必須とされていない「構造計算」を1棟ごとに行うことで、木造住宅でありながら大地震や強風に遭っても耐えられる強い家」を実現しています。

四日市桑名鈴鹿津市で、地震や災害に強く安心して暮らせる二世帯住宅をお考えでしたら、SE構法の実績豊富なアムキットホームにぜひご相談ください。