【冬暖かくて、夏涼しい家を作るために──設計時に陽当たりや風の入り方をシミュレーションしています】

お家を建てる際には、冬の寒さ、いかにして夏の猛暑の中でも快適に過ごせるお家を実現するかが大切な要素。高気密・高断熱もひとつの方法ですが、家は1年中締め切っていればいいというものではありません。

陽射しや風といった“自然の力”を上手に活用することが、家づくりの重要なポイントになります。

そのために大切な役割を果たすのが、設計の際の「陽当たり&風の入り方のシミュレーション」です。

アムキットホームでは、お家をプランニングするにあたって、季節や時間帯ごとの陽射しや風の入り方、日射遮へいをシミュレーションして設計を進めています。

お家を建てる予定の土地を訪れ、どの方向から陽射しが入るかや、風の向きなどを測定し、季節や時間帯ごとのデータを算出土地の前の道路の幅や隣りに建つお家の高さなども入力して確実なシミュレーションを作成します。

そして、正確なシミュレーションデータを元にお家の向きや窓の配置などを決めていくのです

日当たりがよく、風通しのよい家”──言葉にするのは簡単ですが、さまざまな土地の条件に即してそうしたお家を実現するためには、緻密なシミュレーションが必要なのです。