【構造計算のことがイチからわかる「家づくり構造ナビ」動画を公開中です】

お家を建てる際に大切なことは、地震や災害に対して“性能が明確”な「強い家」を建てることです。

強い家の“明確な性能”──どうすれば証明することができるでしょうか。

アムキットホームが採用している「SE構法」は地震や台風に負けない強い家づくりに定評のある工法です。その強さを証明するのが「構造計算」です。

鉄骨造や鉄筋コンクリート造のビルやマンションを建築する際に必ず行われている構造計算は、地震や災害に対して建物が変形や倒壊しないかを科学的に検証し、その強さを明確化する作業です。

たとえば、柱や床などの構造材や接合部が家全体の荷重に耐えられるか大きな揺れに耐えられるか1階と2階の強さにバラツキがないかなどを綿密に計算します。

そうした作業を経て、実際に使用する構造材の太さや柱、壁の数などを決めていきます。

アムキットホームではお客さまに安心して家づくりを進めていただけるように、「家づくり構造計算ナビ」のサービスをご提供しています。たとえばピアノを置かれるのであればお家の自重は大きく変わるもの。そうしたお客さまの暮らしぶりも考慮しながら、事前にお家の強さを確認することができます。

構造計算の仕組みをわかりやすく解説した動画がYou Tubeにもアップされています。ぜひご覧になってみてください。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=18&v=H-TRgll7Fjw