【住まいの専門用語を“ザックリ”と解説──『家づくり用語辞典』 第9回──照明器具選びはお部屋の生活シーンに合わせて】

家づくりの中で初めて耳にする住宅・建築業界の「専門用語」を“ザックリ”と解説する「家づくり用語辞典」。今回は生活シーンを演出してくれるさまざまな「照明」を種類別にご紹介します。お家のどのタイプのお部屋にどんな照明が適しているか、ご参考になることと思います。

【シーリングライト】
天井に直付けする照明器具です。お部屋全体をムラなく均一に照らすことができるので、リビングの主照明や子ども部屋の照明に適しています。

【ダウンライト】
天井に埋め込むタイプの照明器具です。器具自体が目立たないので、シンプルなインテリアの空間にマッチします。リビングに複数のダウンライトを配置すると、視界を遮らないのでスッキリした空間を演出してくれます。

【ブラケットライト】
壁面に取り付けるタイプの照明器具です。リビングで壁を間接的に照らす補助照明として使われたり、天井に照明器具を取り付けにくい階段や吹き抜けなどでも存在感を発揮します。

【ペンダントライト】
コードやチェーンで天井から吊り下げるタイプです。ダイニングテーブルの上にペンダントライトを付ければ「あかりだまり」ができ、お料理の印象を際立たせる効果が得られます。

【間接照明】
かんせつしょうめい)光を直接部屋に照らさず、壁や天井に当てて反射させることで間接的に光の空間を作り出す照明です。光のグラデーションがお部屋の雰囲気をお洒落に演出してくれます。

1軒のお家の中には多種多様な照明器具が使われることになります。室内空間をどのように演出したいかを考えながら、お気に入りの照明器具を選んでください。