【車が1階に“住んでいる”ビルトインガレージのある暮らし──SE構法は大空間のビルトインガレージを実現します──三重で強い家を建てるならアムキットホーム】

1

お家の1階部分のすべて、もしくは一部をガレージにして、駐車スペースがそのままお家に繋がったビルトインガレージインナーガレージ)。

車が生活の大切な一部となっている方や、車を家族の一員のように扱っている方にとって、ビルトインガレージはライフスタイルを支える重要な存在になります。

玄関から車の距離が近く、雨の日でも屋根づたいに乗り込むことができますので、荷物の多いときや小さな子ども連れでのお出かけも雨に濡れることなく快適。またお手入れに余念のない車好きの方にとっては、お家の中で一番好きな場所になっているかもしれません。リビングやダイニングとビルトインガレージを大きなガラスで仕切る空間デザインにすれば、いつでも大切な愛車を眺めることもできます。

ビルトインガレージは1階を占める壁量が減ることになり、通常の在来工法の木造建築では耐震性能を確保することは容易ではありませんでしたが、詳細な構造計算に基づいたSE構法では“柱なし”で最大9メートルスパンの広さが可能。車3台が停められるビルトインガレージを持つ“強い家”を作ることができます。

広々としたビルトインガレージは、見た目も使い勝手も非常に心地良い空間。アムキットホームでは、自由度の高い設計と高い耐震性能を併せ持つSE構法で、車を身近に感じながら暮らせるお家を実現しています。