【“風が通り抜ける家”──「全方位通風」で快適な暮らしを実現】

6

お家の中のどのお部屋にいても心地よい風を感じられる──そんな快適な住まいを実現するキーワードが「全方位通風」です。

アムキットホームでは、まずはお家を建てる地域の風向きの傾向を把握。窓のタイプに合わせてさまざまな方向から吹いてくる自然の風を効果的に取り入れ、さらに、家の中を風が通り抜けるような工夫を凝らして設計に取り組んでいます。

たとえば、風が正面から入らないお部屋の窓。左右に開け閉めする「引違いの窓」では風をうまく取り入れることができません。こうした場合は、外に向いて開くタイプの「縦すべり出し窓」などがウインドキャッチャーとして効果的な役割を果たしてくれます。

こうして意図的に取り込んだ風を、今度はどのようにして家の中を通り抜けさせていけばいいでしょうか。

吹き抜けのリビングでは、1階の窓から取り込んだ風が2階ホールの窓まで抜ける“風の通り道”が生まれます。アムキットホームが採用している「SE構法」であれば、大空間の吹き抜け空間があっても耐震性能の充実した強い家が実現できます。

また、昔から日本家屋で使われている「欄間」には、採光とともに風を通り抜けさせてくれる役割があります。ふすまや障子の上部にある透かし彫りの入ったものをイメージする人も多いかもしれませんが、現代の洋風住宅にマッチしたデザインの欄間もあります。

このようにさまざまな設計の趣向を凝らした先に、“風が通り抜ける快適な暮らしが生まれるのです。