【住まいの専門用語を“ザックリ”と解説──『家づくり用語辞典』 第9回──照明器具選びはお部屋の生活シーンに合わせて】

家づくりの中で初めて耳にする住宅・建築業界の「専門用語」を“ザックリ”と解説する「家づくり用語辞典」。今回は生活シーンを演出してくれるさまざまな「照明」を種類別にご紹介します。お家のどのタイプのお部屋にどんな照明が適しているか、ご参考になることと思います。

【シーリングライト】
天井に直付けする照明器具です。お部屋全体をムラなく均一に照らすことができるので、リビングの主照明や子ども部屋の照明に適しています。

【ダウンライト】
天井に埋め込むタイプの照明器具です。器具自体が目立たないので、シンプルなインテリアの空間にマッチします。リビングに複数のダウンライトを配置すると、視界を遮らないのでスッキリした空間を演出してくれます。

【ブラケットライト】
壁面に取り付けるタイプの照明器具です。リビングで壁を間接的に照らす補助照明として使われたり、天井に照明器具を取り付けにくい階段や吹き抜けなどでも存在感を発揮します。

【ペンダントライト】
コードやチェーンで天井から吊り下げるタイプです。ダイニングテーブルの上にペンダントライトを付ければ「あかりだまり」ができ、お料理の印象を際立たせる効果が得られます。

【間接照明】
かんせつしょうめい)光を直接部屋に照らさず、壁や天井に当てて反射させることで間接的に光の空間を作り出す照明です。光のグラデーションがお部屋の雰囲気をお洒落に演出してくれます。

1軒のお家の中には多種多様な照明器具が使われることになります。室内空間をどのように演出したいかを考えながら、お気に入りの照明器具を選んでください。

【断熱材と日射遮へいで“夏、涼しい家”を実現します──三重県四日市市のアムキットホーム】

7月も終わりですが、連日暑い日が続いていますね。外の暑さは防ぎようがありませんが、せめてお家に帰ったときには涼しい空間で身体を休めたいもの。といっても、エアコンに頼り切るような生活では光熱費の負担が大きくなるだけでなく身体にも負担がかかります。

夏、涼しい家を実現するには2つのキーワードがあります

ひとつが断熱性能」。外からの熱の侵入を抑えることが大切です

アムキットホームでは断熱材として天然木質繊維の「セルローズファイバー」を採用。窓は高性能樹脂サッシのYKK AP「AP330」を標準としています。

優れた断熱性能を持っているセルローズファイバーは壁面に隙間なく吹き込むことで、外部からの熱の侵入を抑えることができます。もちろん、冬は室内の熱を逃しませんので、「冬、暖かい家」も実現することができます。

また、セルローズファイバーは防音材としても優れた性能を持っていますので、屋外からの騒音や室内の音が外に漏れるのも防いでくれます。「夏、涼しい家」は、「静けさを感じる家」でもあるのです。

しかし、断熱材で熱の侵入を抑えても、窓からどんどん熱気が入り込んできてしまっては効果も半減してしまいます。アムキットホームが標準採用しているYKK APAP330」は、樹脂と複層ガラスによって国内最高レベルの断熱性を実現。熱の出入りを抑え、快適な空間を実現してくれます。

アムキットホームはこうしたすぐれた断熱材に加えて、夏の日差しを遮る「日陰」の存在を家づくりに採り入れた設計デザインで「日射遮へい」効果を実現、「涼しい家」づくりに取り組んでいます。

そんなアムキットホームの家づくりの粋が詰まっているのが、四日市羽津のモデルハウス。夏でも心地良い涼しさの中で過ごせる家づくりの魅力、ぜひお確かめにおいでください。

【「秘密の扉」の向こう側に家づくりへの想いが詰まっています】

アムキットホームのホームページには、SE構法やモデルハウスのご紹介や家づくりの流れ、アフターメンテナンスのご案内と並んで、「秘密の扉というページがあります

「秘密の扉」──そのページを見ることができるのは、施主さまだけです。一人ひとりの施主さまに専用のIDとパスワードをお渡ししています。

気になるページの中身は、自分のお家の建築現場の進捗状況」です。お家が完成するまでの建築工事の状況を随時アップしています。

仕事や家事で忙しく、なかなか現場を見に行くことができなかったり、離れて暮らすご家族にも建築中の様子を見てもらいたい、そうした施主さまのお声に応えて、パソコンやスマホでいつでもご確認いただけるようになっているのです。

基礎や構造部分の工事から始まって、壁など内装の仕上げ、配線のような見えない部分の工事まで、お家が出来上がるまでにはさまざまな工程があります。そうした家づくりの工程が「秘密の扉」に順次アップされていきます。お家が完成するまでのワクワクする時間を、ともに過ごしていただける「秘密の扉」。皆さまに開いていただける日を楽しみにしています。

【「最近、エアコンの効きが悪くなってきた」と感じたら…】

夏真っ盛りのこの時期、エアコンに頼りきりのお家も少なくないかもしれませんが、「最近、エアコンの効きが悪くなってきたなぁ」と感じることはありませんでしょうか。

風は吹き出しているのに冷えなかったり、冷えるスピードが遅い──これでは猛暑の時期は乗り越えられませんよね。

エアコンの効きが悪くなる理由としては、エアコンの心臓部分である冷媒が漏れていたり、冷媒を送り出すコンプレッサーの調子が悪いなど、機器の故障が原因となっているケースがひとつ。この場合は修理が必要になります。

一方、エアコンのフィルターや内部の汚れ、室外機の熱交換器が機能低下を引き起こしている恐れもあります。

エアコンが汚れたままの状態で使用していると効率が悪くなり、消費電力量が増えて電気代が高くなるだけでなく、エアコン内部の部品に負担がかかり、故障の原因にもなります。

ご自身でお手入れをしていても効きが良くならない、そんなときに頼りになるのが、エアコン掃除専門店のエアコンクリーニングです。

新築の注文住宅を手がけるアムキットホームを中心に、リフォームやハウスクリーニングの部署が一体となった「住宅事業部」では、この時期、エアコンクリーニング部隊が連日引く手あまたのフル稼働中。

エアコン掃除のプロがご家庭や店舗のエアコンを分解し、内部の部品まで徹底的に洗浄。室外機の汚れもチェックし、綺麗に生まれ変わったエアコンから快適で涼しい空気が流れ出すことになります。

住宅事業部では女性スタッフによる室内作業のご要望にもお応えできるように男女ともにスタッフを揃えて、エアコンクリニーングに取り組んでいます。

ご相談は下記の電話番号までどうぞ。

TEL 059-332-1313

【今週末からは夏休みがスタート。オススメのプールスポットにお出かけの後は「アムキットホーム家づくり相談会」へお越しください】

いよいよ今週末からは夏休みに突入。お子さまは旅行やレジャースポットへのお出かけに期待を膨らませていることでしょう。

週末ごとに遠出というわけにもいかないかと思いますので、今回は近場で楽しめるユニークなプールを2ヶ所、ご紹介します。

一つ目は川をせき止めて作った天然のプール”です。

多度大社の近くにある「多度峡天然プール」では、8月末まで天然の川の中でプール遊びが楽しめます。カルキや消毒剤を一切使わずに川の流れの力だけで清潔に保たれており、水も冷たく爽快感は格別。こんな素敵な“プール”が無料で楽しめるのは魅力。期間中は金魚つかみなどのイベントも行われます。

もう1ヶ所は、四日市スポーツランドで夏休み期間中のみオープンするちびっこプール」。水深30cmほどのプールは小さなお子さまの水遊びにピッタリ。ゾウの鼻のすべり台からプールに飛び込めば暑さも吹っ飛ぶことでしょう。プールの利用料は子ども300円、大人は無料とこちらも嬉しい価格設定です。

ご家族揃ってお出かけされた際にお立ち寄りいただきたいスポットをもう1ヶ所──

今週末7月20日(土)・21日(日)の2日間、四日市市羽津のアムキットホームモデルハウスでは、【気になる家づくりのお悩みを解決!「アムキットホーム家づくり相談会を開催いたします

大空間の吹き抜けリビングや大開口の窓、インナーガレージなど、強くて快適な家のエッセンスがたっぷり詰まった三重県内唯一のSE構法モデルハウスをゆっくりご覧いただきながら、家づくりのスタートを切ってみられてはいかがでしょうか。

 

お申し込み、お問い合わせはこちらのアドレスからどうぞ。

https://www.amkit.jp/reserve/seminar/index.html