アムキットホーム[AMKITHOME]
静けさの中で セルローズファイバー
家づくりは「素材選び」から始まります。人と地球に優しい断熱材で健康に暮らす。

セルローズファイバーとは

安全基準の厳しいアメリカでは主流の断熱材です。

新聞残紙を繊維状に細かくし、燃えにくくするために微量のホウ酸(ゴキブリよけや、目の洗浄・消毒に使われている人体には無害な物質)を混合して製造した断熱材です。
古紙再生利用により、グリーンマーク、エコマークの指定を受けている、天然の木質繊維です。
安全基準に厳しいアメリカでは4割近いトップシェアを獲得、60年の実績を誇る大変優れた断熱材です。

断熱材種別シェア(アメリカ)
インターセル調べ
断熱材 断熱 遮音 吸音 調音 耐火 防錆 防虫 総合評価
セルローズファイバー
グラスウール          
ロックウール      
ポリスチレンフォーム             ×
ウレタンフォーム             ×
参考資料:「この本を読んでから建てよう」
断熱材「セルローズファイバー」はグリーンマーク・エコマークの表記認定を受けています。
主原料は新聞残紙だから省資源 
新聞販売店などで売れ残った新聞残紙を主原料としたリサイクル商品です。
限られた地域資源を有効活用し、住宅の省エネルギーに貢献します。

優れた性能と快適性 

セルローズファイバーは天然の木質繊維。
断熱性 冬暖かく、夏涼しい住空間 
優れた断熱性能を持っているセルローズファイバーを隙間なく吹き込むことで、夏は外部からの熱の侵入を抑え、冬は室内の熱を逃しません。
家の中での温度差が少なく、快適な住環境となります。
防音性 ピアノの音も大丈夫
防音材としても優れた性能を持つセルローズファイバーは、隙間のない施工により日常生活の音、屋外からの騒音、室内から屋外へ逃げるプライベート音を和らげます。
効果的な防音材として、国際的に高い評価を受けています。


※日本製紙木材(株)による動画

省エネ 経済的・冷暖房費大幅節減
高い断熱性能により暖房費で約7割、冷暖房費で約3割の光熱費の節約が可能です。
防カビ・防虫 吸放湿性だからカビの心配もなし
カビや害虫の心配なし。
ホウ酸・ホウ砂による特殊処理と天然素材の持つ吸放湿性のダブル効果でカビや菌の発生を防止します。
ゴキブリ、シロアリ等の害虫を死滅させるのではなく寄せつけません。
調湿・防露性 壁の内も外も結露を防ぎます 
セルローズファイバーは呼吸しています。
木質繊維特有の吸放湿性が、周囲の状況に応じて水分を吸ったり吐いたりするため、適度な湿度をもたらし、天井・壁・床などの表面と内部の結露を防止します。
耐水性 もしもの雨漏りにも安心
もし屋根が雨漏りしても大丈夫。
水をはじく撥水処理がしてあるので、セルローズファイバーが水を吸って重くなり、
天井が落ちたりする事がありません。
防燃性 万が一の火災にも万全対応
ホウ酸・ホウ砂によって防燃処理されているセルローズファイバーは強い炎にも表面が焦げるだけです。
万一火災が発生しても延焼を防ぎ、有毒ガスも発生しません。


※日本製紙木材(株)による動画

安全性国際的に認められた安全性
セルローズファイバーは木質繊維であり、添加されているホウ酸は人体への蓄積や残留の心配はありません。
国内でも20年以上の実績です。
アスベストやシックハウスの原因であるホルムアルデヒド、VOC(揮発性有機化合物)は一切含まれておりません。

快適な生活環境と省エネ

家族の笑顔が健康住宅の証です。
冷暖房費の節約
しっかりした断熱性能で、冷暖房費の節約ができます。
快適な住まい
お部屋間や室内の上下温度差が少なくなることで、快適に過ごせます。
また、防音効果もありますので、プライベートな音の漏れや屋外の騒音の侵入を和らげることができます。
健康な住まい
隙間なく断熱化することで結露を防止し、アレルギー原因の一つであるカビの発生を抑えます。
家が長持ち
壁の中の結露は、木材の腐朽や建材の劣化の原因となってしまいます。
結露を防ぎ、家を長持ちさせます。
家族の笑顔がいっぱい
開放感溢れる吹抜けや空間つながりの家づくりで、いつも家族がどこにいるのか気配が伝わるので安心です。
リビングには自然に家族が集まり楽しい団欒の時間とみんなの笑顔が増えます。

セルローズファイバーによる断熱の仕組み

木質繊維が優れているその秘密は、1本1本の繊維の中に存在する自然の空気胞にあります。
この様々な太さの繊維が絡み合い、さらに空気の層をつくり、熱や音を一層伝えにくくします。
また、木質繊維特有の吸放湿性で、適度な湿度を保ちます。
屋根裏の施工後
天井裏に密着して隙間なく確実な断熱工事ができます。
屋根裏の施工後
床下一面に隙間なく充填し、温度差の少ない空間ができます。
壁の施工後
セルローズファイバーが呼吸できるように、布シートを貼り隙間なく吹込みます。
トイレ・洗面所
急激な温度差は体にとても負担をかけることになります。セルローズファイバーをトイレ、洗面所の天井・壁・床下に入れると断熱効果で極端な温度差がなくなります。
防音、調湿・防露効果で音や結露にも安心です。
LDK(リビング・ダイニング・キッチン) 
セルローズファイバーを使用することで、間仕切りのない広いLDKが生み出せます。
キッチンで家事をしながら、ご家族との団らんを楽しめます。
また、防音性が高く、夜中もテレビの音量を気にすることなく楽しめます。
浴室・システムバス
システムバスの下をすべてセルローズファイバーで包み込むため、浴槽の保温力に優れています。そのためランニングコストもかかる事なく、非常に経済的で、家計にも優しい工法です。

安心の責任施工

優れた性能を引き出す責任施工。

建坪40坪で1.4tも使用!

住宅の基本性能を決定する断熱工事は、施工方法がその性能を十分に活かせるものでなくてはなりません。
アムキットホームで取り扱うセルローズファイバーは、確かな品質の商品を仕入れ実績のある専門業者による施工を徹底して行っております。

※日本製紙木材(株)による動画


※日本製紙木材(株)による動画


※日本製紙木材(株)による動画

壁体内 無結露20年保証

よくある質問

お客様より、数多くいただくご質問です。 
Q
ホウ酸が添加しているようですが安全ですか?
A
ホウ酸は海水や土壌など自然界に広く分布し、環境にも優しいため、うがい薬・化粧品・消毒などにも用いられ、
家具の防虫にも広く使用されています。(ドイツやアメリカの安全基準をクリアしています。)
難燃性を持たせるためのホウ酸ですが、ゴキブリやシロアリなどに食害されない効果もあります。
Q
ファイバーのほこりが家の中に浮遊しませんか?
A
セルローズファイバーの原料である新聞紙、ホウ酸ともアスベストのように浮遊する性質はありません。
Q
将来リフォームする時はどうするのですか?
A
専用の機械で吸い込み、さらに再利用も可能です。また、最終処分として自然に返す事ができます。
Q
どうして結露しないんですか?
A
木質繊維は生きています。水分を吸ったり吐いたりしているので調音効果があり、結露を防止します。
外気が高湿度の時は湿気を吸い取り、乾燥時には蓄えた湿気を徐々に吐き出すので、部屋中いつも快適な湿度に保たれます。
Q
セルローズファイバーは劣化しませんか?
A
セルローズファイバーは経年劣化に強い事が確認されております。通常は壁の中に施工しますので変色もしません。
安心してお住まいいただけます。
Q
こんなに優れた断熱材なのに、なぜ今まで日本では普及しなかったのですか?
A
セルローズファイバーが普及しにくい理由としては、一般的に使用されているグラスウール等と比較して単価が高い事と、
施工が難しい事があげられます。
しかし、アムキットホームでは、セルローズファイバーを「標準仕様」とする事で他よりも安く仕入れる事が出来ます。
また、4半世紀の長きにわたりセルローズファイバー施工の実績のある専門業者が確実な施工を行いますのでご安心下さい。
セルローズファイバーについてさらに詳しく知りたい方は・・・

暑さ・寒さ、音に対する快・不快は人によって異なる「感覚」です。
アムキットホームのモデルハウスは、セルローズファイバー断熱仕様となっております。
また、防火・防水・防音効果をお試しいただく実験キットもご準備しております。
スーパージェットファイバー


TOPへ