繰り返し訪れる大地震、そのとき大切なお家を倒壊から守ってくれるのは

8

明後日9月1日は「防災の日」。23年前の「阪神・淡路大震災」から始まって、2004年の「新潟県中越地震」、2011年「東日本大震災」、そして一昨年の「熊本地震」と、大きな被害をもたらす大地震が相次いで起こっています。そして、東海地方ではマグニチュード8クラス以上の大地震が今後30年以内に発生する確率は70%〜80%とも。

大地震が起こることは避けようがありませんが、大切なご家族の命、そしてお住まいを守るためにできることはあります。

多くの方にとって、“地震で家が倒れる”という現実に初めて遭遇したのは、阪神・淡路大震災ではなかったでしょうか。このとき多くの木造住宅が壊れてしまった状況を検証し、「大地震でも絶対に壊れない木造住宅を日本中に広めたい」という理念で開発されたのが、木造住宅でありながらビルやマンションと同じ構造で高い耐震性能を実現した「SE構法」アムキットホームの新モデルハウスで採用している最新の技術です。

「中越地震」や「東日本大震災」、「熊本地震」において、「SE構法」で建てられた住宅は1棟も壊れることはありませんでした。倒壊だけでなく、全壊や半壊などの被害も受けていません。熊本地震は震度7が2回繰り返すという今までにない地震で、新耐震基準の木造住宅や耐震等級2の木造住宅でも倒壊したと報じられましたが、そうした状況の中でもSE構法の家は耐震性能の高さを発揮して、お家を、そしてご家族を守ってくれたのです。