【快適な暮らしのアイデアが詰まったモデルハウス】

9月ももうすぐ終わり。来週からはもう10月ですね。
10月の第1日曜日とその前日、四日市の中心市街地では恒例の諏訪神社「秋の四日市祭」が開催されます。
江戸時代初期から伝わる伝統的な秋祭りで、さまざまな「からくり山車」が勢揃い。大名行列や舞獅子、神輿などで賑わいます。もちろん、四日市名物「大入道」も姿を見せますよ。

 

今回はアムキットホームの家づくりのカタチを、お客さまが実際に見て、触れて、体感することのできる場所ご案内させていただきます。

近鉄湯の山線伊勢松本駅の近く、松本街道沿いにある「ときわ2丁目モデルハウス」
ここには、アムキットホームが提案する快適な住まいのヒントがたっぷり詰め込まれています。

訪れた方が最初に目を惹かれるのが、2台分収容できるインナーガレージ
車を日常の交通手段として使ってみえる方も多いと思いますが、雨の日の車からの出入りは、荷物が多かったり、小さなお子さまと一緒でしたら大変ですよね。帰宅してガレージからそのまま家に入ることのできるインナーガレージは快適な暮らしをサポートしてくれる存在になります。
車をすっぽりと壁面で覆ってくれるので、大事な愛車を風雨から守ってくれるのも魅力です。

 

家の中は、“スキップフロア”による多層構造となっています。
スキップフロアというのは、フロアの一部に高低差を設け、階段でつなげて「中2階」や「中3階」を設けた家づくりのカタチです。
「ときわ2丁目モデルハウス」は2階建ての家ですが、スキップフロアを採用することで「5層」の空間がつながり合い、家の中の空間を最大限に活かすことができているのです。

スキップフロアによって、どんな住まい空間が生まれているか。ぜひ、その目で確かめに来てください。