新モデルハウス完成まであと1ヶ月になりました

5

四日市市羽津に建築中のアムキットホーム新モデルハウス。7月21日(土)のオープンまであと1ヶ月となりました。工事は着々と進んでいます。皆さまにご覧いただける日を心待ちにしています。

アムキットホームは本社のある三重県四日市市を中心に、桑名市や鈴鹿市、亀山市で数多くの新築注文住宅を手がけてきました。三重県内だけでなく愛知・岐阜のお客さまからも注文住宅のご依頼を受けることがあります。

家づくりにあたっては綿密なヒアリングからスタート。アムキットホームオリジナルの「1000の質問シート」に沿って打ち合わせを進めさせていただきます。この「1000の質問シート」では、今までのお住まいの中で感じたご不満や、将来の生活イメージなどをご家族で話し合いながら記入していただきます。お子さんが巣立った後、どのように暮らしていこうかなど、日頃真剣に話す機会のない「ご夫婦の将来像」をあらためて考えるきっかけにもなります。

アムキットホームが取り組んでいる「SE構法」は、お客さまのライフスタイルの変化に応じて構造の強さを維持したまま自由に間取りを変えることができる「スケルトン&インフィル」を実現しています。お家の中の間仕切りの位置を変えることで、子ども部屋を大きなワンルームにするなど、お家の内部空間をダイナミックに変化させられるのです。

こうしたアムキットホームの家づくりのエッセンスが体感できる新モデルハウス、完成の際にはたっぷりとご案内させていただきます。どうぞお楽しみに。