【お家が完成してから、お客さまとの繋がりはより深まっていきます】

immobilie

秋は自然の中で遊んだり、自然観察をするのにも最適な季節ですね。
この場では、お子さまと一緒に楽しめるイベントやおでかけスポットの情報も交えながら、アムキットホームが家づくりを手がける北勢エリアの情報もお届けしてまいります。

お子さまと一緒に自然の中で遊べるスポットというと、菰野町の「三重県民の森」は定番のスポット。
冒険の森」には「円ばんわたり」や「あみわくぐり」など、16種類の遊具が揃ったアスレチックコースがあり、コースを1周しながらさまざまな“難所”に挑戦していくことができます。

今度の日曜日、17日には、自然観察の達人が案内役となった「バッタ観察会」も開催されます。
親子で虫捕りに挑戦してみるのも楽しそうですね。

 

お客さまのご要望通りの家づくりをすすめていけるように、ご都合の許すかぎり何度でも打ち合わせを重ね、プランを提案させていただく──そんなアムキットホームの家づくりの姿勢をご紹介させていただきましたが、今回はお家が完成してからのお話です。

念願のマイホームが完成し、新しい暮らしが始まる。
家づくりも一段落した状態になりますが、お客さまとアムキットホームの関係はけっして途切れることはありません。

お家が完成してから、お客さまとの繋がりがより深まっていく──それこそが、アムキットホームの家づくりの基本姿勢なのです。

 

アムキットホームの母体である「東産業」は、水回りの設備を中心に、お客さまの快適な生活を維持できるように、長年にわたり住まい設備の「維持管理」に責任を持って取り組んできました。
その企業姿勢、DNAは、アムキットホームの家づくりの基本理念となって受け継がれています。

お客さまに長きにわたって快適に暮らしていただくために、“そこまで手をかけるのか”と驚かれるほど、お家の「維持管理」に全力を挙げて努めています。

 

そんなアムキットホームの具体的な取り組みはまた次回にご紹介します。