「室内用物干しユニット」が人気。洗濯物を屋外で干さない人が増えています。

かねてよりご案内しておりました四日市市羽津のアムキットホーム新モデルハウス、オープン日が7月21日(土)に決定いたしました。詳しい情報はまた折々ご紹介いたします。どうぞお楽しみに。

さて、毎年梅雨どき、雨の日が続くこの時期になると、頭を悩ませるのが“洗濯物をどこに干すか”という問題ですよね。最近は花粉症に悩む人も多く、洗濯物を屋外に干さないという方も多くなってきました。

屋内ベランダのように室内干し専用の空間を作られる方もみえますが、最近、人気なのが「室内用物干しユニット」。パナソニックからは「干し姫」という名前で商品化されています。竿は普段は目につかない天井に収まっており、物干し竿として活用するときだけ降ろして洗濯物をかけます。床置きの物干しと違って収納スペースが不要なのですっきり収納できて見栄えもいいし、洗濯機の近くに設置すれば洗濯物を干す手間もかなり軽減できますよね。

設置されたお客さまからは皆さま「便利で助かる」というお声が聞かれます。洗濯物を竿にかかった状態で簡単に上げ下げできるのも使い勝手がいいですね。

設置場所は洗面室の他にもリビングや階段ホール、洗面室などお好みの場所を選べますが、日当たりが良く風通しの良い場所を選ぶのがポイント。生乾きの状態が長く続くと雑菌が繁殖し、ニオイの原因にもなってしまいます。

お家づくりの際には、お家の中の時間帯ごとの日当たりや風の通り具合を考慮した上で、設置場所をご提案させていただきます。快適な暮らしを実現するアイデア、ぜひアムキットホームにお任せください。