第4回 東産業社員運動会を開催。熱い戦いが繰り広げられました

アムキットホームの母体である東産業は昭和39年(1964年)創業。浄化槽維持管理会社としてスタートし、以来50年以上にわたって地域の方々の「綺麗な水が使える生活」を守り続けています

 

毎年、新しい社員が仲間に加わってきますが、今年も4人の新入社員が入社。4月の初めにはひと目で新社会人とわかる初々しさを醸し出していた彼らも、徐々に仕事に慣れてきた時期です。

 

そんな新入社員たちの歓迎の意味も兼ねて開催しているのが「東産業 社員運動会」。100名近くの社員が参加する春の一大イベントです。第4回目の今年は5月11日(金)、四日市大学の体育館をお借りして実施しました。

 

 

リレーや綱引き、バスケシュートゲームなど4チームに分かれた対抗戦は、親睦目的の運動会とはいえ随所に“本気モード”の場面も。新入社員は全種目参加を義務付けられていますので、若さにモノを言わせて張り切っていたものの最後はヘトヘトになっていました(笑)。心地良い疲れとともに、東産業の一員としての思いを新たにしてくれたことでしょう。

 

 

そんな初々しい仲間たちとともに、社員一同“水のプロフェッショナル”を目指して日々の仕事に取り組んでまいります。