“光と風と熱”を採り入れた心地良い家づくり-第1回 「5つのキーワード」をクリアした先に快適な住まいが生まれます

5

アムキットホームの新モデルハウスの基本コンセプトとなっているのは、エアコンや暖房器具に頼らず、窓から射し込む日射しや吹き込む風といった自然エネルギーの力を“受動的”に利用して快適に暮らすことができる家づくりです。

 

夏涼しく、冬暖かい家──それを機械設備ではなく、建築設計による自然の力で実現する。

これからの家づくりのあるべき方向だと考えています。

素敵なことだと思いませんか?もちろん、簡単に実現できることではありませんが、今後目指していくべき方向であることは間違いありません。

 

以前にもご紹介させていただいたように、ここ数年、住宅建築の世界で注目されるようになってきた“パッシブデザイン”という考え方と共通する方向性です。

 

エアコンなどの機械設備によって“アクティブ”に快適な環境を作り出すのではなく、太陽の光や熱などの自然エネルギーを“受動的=パッシブ”に使って、“光と風と熱”を採り入れて、四季を通じて心地良く暮らせる家づくりを実現していきたいと考えています。

 

地域それぞれの気候風土である自然エネルギーを活かした家づくりには、5つの大切な要素があります。その“さわり”をご紹介させていただくと──

 

①日射熱利用暖房

②断熱

③日射遮蔽

④自然風利用

⑤昼光利用

 

この5つのキーワードをクリアすることで、自然エネルギーを上手に採り入れた快適な住まいが生まれます。それぞれのキーワードについては、また回を改めて詳しくご紹介させていただきます。“光と風と熱”を採り入れた心地良い家づくり──ぜひ、ご一緒に実現していければと願っています。