長きにわたって安心して暮らせる+資産価値の高い「長期優良住宅」、SE構法で実現します

4

今の時代、住宅はかつての「つくっては壊すもの」という考え方から、「いいものをつくり、長く大切に使う」という考え方へと常識が変わりつつあります。転機となったのは、平成21年に成立した「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」です。

 

「長きにわたって価値の減ることのない優良な住宅」、つまり、“長く住んでも大丈夫な家”だと国に認定されると、所得税の住宅ローン控除額が増額したり、固定資産税の軽減期間が延長したりといった税制上の優遇措置や、地震保険の割引などのメリットが得られます。

 

さらに、長期優良住宅に認定されるということは、“資産価値の高い家”であることの証明にもなります。

 

認定基準をクリアするためには、耐震性、省エネルギー性、劣化対策、間取りの可変性などさまざまな項目で性能基準を満たしている必要があります。住宅メーカーにとってそう簡単にすべてクリアできるような基準ではありません。

 

緻密な構造計算による耐震性、耐久性、ライフスタイルに合わせて間取りを変えていけるスケルトン&インフィルなど、アムキットホームが採用しているSE構法は、長期優良住宅が掲げるテーマを最初の1棟から実現し続けてきました。

 

長く暮らし続けていける家、そしていずれ家を売ることになった時にも「資産価値の高い家」であるSE構法の長期優良住宅を、アムキットホームは皆さまに提供してまいります。