新モデルハウス完成までの道のり ─第11回 家の中をどのような“雰囲気”にしていくか──時間はかかりますが一番楽しいプロセスです──

ソファ

前回は間取りが決まったら窓選びへというお話をさせていただきましたが、窓が決まったら次に考えるのは家の中をどのような“雰囲気”にしていくかということ。壁のクロスや床材、カーテンなど個々の場所の素材や色目を決める前に、全体的な雰囲気を決めておくことが大切になります。

 

白で統一した清潔感あふれる空間やモノトーンのモダンな空間。木目を使った落ち着いた雰囲気や明るい色を取り入れた温かみを感じられる雰囲気など、お好みは十人十色。皆さんそれぞれ思い描くイメージがおありかと思います。

 

さまざまな情報を集めながらそういったお家のイメージ=“雰囲気”がおおよそ固まってきたら、今度は個々の場所を実際に決めていくことになります。窓や床材、クロスなどの内装材からキッチン、洗面台などの水回り、さらにドアやカーテン、窓枠など、お家の中で選んでいくことになるインテリア要素はふんだんにあります。

 

ひとつひとつ気に入ったアイテムでお家の中を埋めていく、時間のかかる作業ですが家づくりの夢が具体的にカタチになる楽しい時間でもありますよね。インテリア雑誌の写真やカタログを見ていても想いがふくらむことでしょう。ただ、写真だけではわからないことも一杯あります。アムキットホームでは皆さまに思い通りのインテリア要素を選んでいけるようにしっかり寄り添ってサポートをさせていただいています。「えっ、そこまでしてくれるの!?」と驚かれることもあるくらいです。そのお話はまた次回に詳しくご説明させていただきます。