“パッシブデザイン”ってご存知ですか?

6

今年も桜が咲き始めてきましたね。アムキットホームのある四日市にも人気のお花見スポットが何箇所ありますが、オススメは近鉄富田駅周辺、十四川沿いのスポット。堤防に沿って東西にソメイヨシノが600本余り咲き並び、川を挟んで桜のトンネルが出来上がります。舞い散る頃には川面に花弁が浮かび、風情ある景色を見せてくれます。

 

さて、今回はここ数年、住宅建築の世界で注目されているキーワード“パッシブデザイン”のことをお話しします。

 

パッシブデザインというのは、エアコンや暖房器具に頼らず、窓から差し込む日射しや吹き込む風といった自然エネルギーの力を“受動的”に利用して快適に暮らす家づくりの考え方です。

 

夏涼しく、冬暖かい家──それを機械ではなく、建築設計による自然の力で実現する。素敵なことですよね。もちろん、簡単に実現できることではありませんが、今後目指していくべき方向であることは間違いありません。

 

アムキットホームが現在四日市市羽津地区に建築中の新モデルハウスでは、そうしたパッシブデザインを取り入れた家づくりを進めています。どうぞ楽しみにお待ちください。