ヒートショック対策の切り札「全館空調システム」とは?

家族イメージ

今年の冬も話題になったヒートショック入浴前後の急激な温度差などによって血圧が急激に変化することから起こる症状ですが、家の中の寒暖差をなくすのは簡単なことではありません。

 

断熱材を使ったお家であっても、窓から熱が逃げていっては家の中は暖まりません。樹脂サッシを使って断熱効果を高めることは大切です。ただ、それでも家の中を均一な暖かさに保つためには万全とは言えないでしょう。

 

現在、どのお家にも導入が義務付けられている24時間換気システム。家の中と外の空気を入れ替えて換気をするわけですが、一般的な24時間換気システムでは外の冷たい空気がそのまま家の中に入ってくることになります。家の中が冷えやすく、暖房費のコストも上がってしまいます。

 

現在羽津地区に建設中のアムキットホームの新モデルハウスでは、熱交換ユニットを使った24時間換気システムを採用。室内の暖まった空気の熱を使って外から入ってくる空気を暖めていますので、外の冷たい空気の影響を受けにくくなります。

 

さらに、新モデルハウスではどの部屋も同じ温度に保つことを目指して、「全館空調システム」を導入しています。冬場のお風呂上がりの脱衣場をはじめ、家中どこでもほとんど同じ温度に保つシステム。これならヒートショックも起こりにくくなります。

 

ヒートショック対策はどれかひとつだけ施せば安心というわけにはいきません。家の中の寒暖差を起こす要因をひとつずつ解決していった先に安心が生まれます。そんな取り組みの成果がカタチになった新モデルハウス。7月の完成をお楽しみにお待ちください。