家族構成が変化にダイナミックに対応。自由に壁を取り払えるSE構法の「スケルトン&インフィル」

8

子どもが増える、2世帯暮らしになる。家族構成はお家を建てた後でも次第に変わっていくものですが、一度お家を建ててしまってから間取りを変えようと思っても、一般的な工法では仕切り壁をなくしたりといったリフォームはなかなかできるものではありません。

 

SE構法」は、ライフスタイルの変化に応じて自由に間取りを変化できる「スケルトン&インフィル」となっています。「スケルトン&インフィル」──聞き慣れない言葉ですが、家には、躯体や基礎、外壁などの構造部分=スケルトンと内装や設備、仕切り壁=インフィルがあり、SE工法ではこの2つが“独立して”建てられているのです。間仕切りの位置を変えたいと思った時には、建築本体と切り離して、できるだけ簡単に組み替えられるようになっています。

 

ですから、お子さんが増えたり、将来、お子さんが巣立ったり、2世帯暮らしになったりといった家族の変化が起こった時に、お家の内部空間をダイナミックに変化させることができるのです。子ども部屋の壁を取り払って大きなワンルームにして、趣味の教室をつくったり、家で仕事できるような環境を整えたりといった将来像がイメージできます。

 

もちろん、建築時の費用はある程度先行してかかることになりますが、長いスパンで見た時に、家の資産価値を高めることにもつながります。

 

SE構法は皆さんの将来の暮らしぶりの可能性を広げる工法でもあるのです。