「坪単価が安かったから」…そんな理由で住宅会社を決めてしまうのは危険です

住宅建設の見積り

ハウスメーカーなどの広告で、よく「坪単価」という言葉を目にしますよね。建物の床面積1坪(約3.3平方メートル)あたりの建築費を算出したものが坪単価になります。この金額がわかれば、どのくらいの予算で家が建てられるかすぐにわかるように思えますが、「ちょっとお待ち下さい!」というのが今回のテーマです。

 

以前に見積もりの見方というテーマを取り上げた際にもお話しさせていただきましたが、

「建築費用」とひと口に言っても、そこに含まれている費用は会社によって違っている場合があることを知っておかないといけません。照明やエアコン、外構工事の費用などが含まれているかどうかで、建築費用はかなり変わってきます。「坪単価」の出し方には各社共通のルールというものがないのです。

 

ですから、坪単価だけを頼りに家づくりの費用を考えてしまうと、後々思ったより費用がかかってしまったということになりかねません。

 

どうすれば、おおよその建築費用の見込みを立てることができるか。お客さまにお勧めしているのは、あらかじめご予算をお客さまから伝えてしまうことです。土地、建築費、諸費用込みでこのくらいの金額で建てたいと伝えれば、そこから「何坪くらいのお家をイメージされていますか」というような具体的なやりとりが生まれてくるはずです。

 

大切な家づくりの費用、坪単価のマジックに踊らされないように気をつけてすすめていきたいですね。