新モデルハウス完成までの道のり ─第3回 間取りを決めるときに忘れてはならないことPart.2─キッチンから何が見えますか

3

2018年も10日過ぎ、皆さん、そろそろ“平常運転”には戻られた頃でしょうか。アムキットホームの新モデルハウス建設も5月の完成予定に向けて着々と準備が進んでいます。今回は奥さまにとって基本的な居場所となるキッチンについてのお話です。

 

お客さまとキッチンについて一緒に考えるときによくお話しさせていただくのは、キッチンに奥さまが立たれたとき、どういう光景が目に入ってほしいのかという点です。先日お家を建てられたお客さまは、外でお子さまが遊んでいる様子が見えるような向きにキッチンを作りたいというご希望を実現しました。

 

他にも、リビングで遊んでいる子どもたちの姿を目に入れながら料理を作りたいとか、対面キッチンで子どもたちの勉強も見られるようにしたいとか、キッチンから見える光景には奥さまのご家族への想いが詰まっています。

 

小さなお子さまがみえるご家族でしたら、キッチンから洗面、お風呂への動線が一直線に繋がっていて、子どもがお風呂に入っている様子がキッチンからわかるようにしたいというご希望もあるかもしれません。

 

キッチンがどこを向いていて、どのような空間と繋がっていてほしいのか。家づくりの大事なポイントになります。

 

新モデルハウスでもキッチンの間取りに工夫を凝らして設計を進めています。吹き抜けの窓から明るい陽射しが射し込むキッチン。そこに立ったとき、どのような光景が見えるか、ぜひ楽しみにお待ちください。