その「見積り」、全部含まれていますか?

家

冬から春にかけての味覚狩りといえば何と言っても“いちご狩り”。お子さんたちも楽しみにしているのではないでしょうか。四日市周辺にもいちご狩りスポットが数箇所あり、続々とシーズンが幕開けしています。貝家町の「愛成ベリー」は通路が広々としていて、ベビーカーでも通りやすいのが魅力。遊具も揃っていて、いちご狩りの後も楽しめるのも嬉しいですね。

 

今日は「見積り」の見方についてお伝えしておきたいと思っています。家づくりのために住宅会社を回る中で、見積りを出してもらった経験のある方も多いと思います。気をつけておいていただきたいのは、「建築費用」とひと口に言っても、そこに含まれている費用は会社によって違っている場合があるということです。

 

一見、こちらの会社の見積りの方が安いように見えても、よくよく見てみると逆だったということもあるのです。たとえば、給排水工事費別途、地盤改良費は含みませんとか。ときには、「設計料別途」なんて場合もあります。設計士のランクによっては100万〜200万円かかることもあるので、トータルの金額が大きく変わってきてしまいます。

 

見積り金額が安いと魅力に感じてしまいがちですが、後から追加で費用が発生しないかどうか、詳しくチェックしてみる必要があります。

 

もちろん、アムキットホームでは追加の費用をご請求することのないように、見積りはさまざまな状況を想定して算出した金額となっています。「健全」を企業理念に掲げる「東産業」にとって、それ以外の選択肢はありません。