SE構法はなぜ“強くてデザイン性の高い家”を実現できるのか。

4

アムキットホームが新モデルハウスで採用した「SE構法」は、耐震性が高く、自由度の高い空間を実現できる工法です。仕切りのない広々とした大空間でありながら高い耐震性を持つ家。どうしてそんなことが実現できるのでしょうか。

 

大きな理由は、ビルやマンションといった鉄骨造や鉄筋コンクリート造の建築物で主流となっている「ラーメン構造」を木造建築に取り入れたこと。柱や梁が特殊な金物によって強固に接合されているので、建物自体の骨組みの耐震性が高くなります。それで、木造の在来工法で必要な壁や筋交いと呼ばれるつっかえ棒を減らすことができ、柱や壁のない開放的な空間を実現できるのです。柱と柱の間には最大9メートルの距離を取ることができます。

 

柱と梁を強力な接合方法で一体化させるラーメン構造は鉄やコンクリートといった均質な部材を使うことを前提としているため、木造住宅に取り入れることは難しいとされてきました。しかし、強度の安定した構造用集成材が登場するようになったことで、木造であってもラーメン構造で家が建てられるようになったのです。

 

部材、接合部の強度が明確なSE構法は、家の強さを客観的な数値で計る構造計算を、木造住宅で初めて全棟実施しています。実は建築基準法では、2階建て以下の木造住宅は構造計算をしなくても良いことになっています。壁量計算という簡易的な計算で構造をチェックするだけで良いのです。本格的な構造計算で家の強さがどのようにチェックされているのか。そのお話はまた改めてご説明させていただきます。