家づくりの扉を開く「1000の質問シート」

1

今年もあと残り2ヶ月。1年の経つのは早いものですね。何かと慌ただしくなる時期ですが、旬の美味にも目を向けておきたいもの。11月の初めは、お蕎麦の旬、秋の新そばが出まわる時期でもあります。今週日曜日、5日には毎年恒例の「いなべの里新そば祭り」が開催。そば打ち名人の実演やそば大食い大会、そば打ち体験も楽しめます。人気のロール巻子先生も来場。ジャンボ巻寿司作りも必見です。

 

さて、今月はアムキットホームの家づくりの流れをご紹介していきたいと思います。

 

家づくりのために色々な住宅会社の展示場を回っている中で、簡単なヒアリングをされただけで「さっそく間取りのプランを作りましょう。金額も出しますよ」と言われた経験をされたことはありませんでしょうか。ヒアリングと言っても、それほど掘り下げた話を聞かれることもないままで。

 

アムキットホームでは、まず、お客さまのご要望を伺いながら私たちの家づくりの姿勢を詳しくご説明させていただき、ご納得いただいた上でお申し込みをいただくことになります。この時点では間取りプランを作ることはありません。しっかりとした提案をさせていただくためには、もっともっと詳しく、お客さまのことを知る必要があるからです。

 

お申し込みを経て、本格的なヒアリングが始まります。

そこで登場するのが、アムキットホームオリジナルの「1000の質問シート」。トータル約50ページにわたるヒアリングシートです。もちろん、打ち合わせの中ですべての質問にお答えいただくことはできませんので、お持ち帰りいただいて、ご家族で話し合いながらお答えを記入していただくことになります。家づくりのスタートにあたって皆さんにお願いする“宿題”といったところでしょうか。

 

お答えをご記入いただくのに、2週間ほどお時間をかけていただくことになります。さまざまな質問に答えていくことで、どのような効果が得られるのか、そのお話はまた次回に。