年4回点検で寄せられたお声は“大切な財産”です

リフォームイメージ

今週日曜日、22日に湯の山温泉で開催される三重県下最大の火祭り「僧兵まつり」に足を運ばれたことはあるでしょうか。炎の燃え盛る松明(たいまつ)を立てた重さ600キロの神輿を担いで、湯の山温泉街を練り歩くさまは一見の価値のある迫力。タレントショーや夜店屋台などもありますので、子どもさんと一緒に楽しめることと思います。

 

さて、以前に充実のアフターケアの一環として、「年4回の定期点検」をご紹介させていただきました。アムキットホームでは、お客さまのお家がある限り、この年4回点検を実施しています。

 

ご訪問の際には事前にアンケートで、日々の暮らしの中でお悩みのことや疑問に感じていることを教えていただき、対処方法を検討してお伺いするという流れですが、さまざまなお声を寄せていただいています。

 

「トイレの泡が出るときと出ない時があるのはなぜ?」

「換気扇のランプが点滅してるけどどうして?」

こうした、お家の設備に関する疑問もあれば、

「クロスの汚れ、どうすれば綺麗に落とせますか?」

「センサーの感度を調整してほしい」

といったメンテナンスに関するご質問・ご要望のケースもあります。

 

お客さまから寄せられたご質問やご要望は、アムキットホームで家を建てていただいた方にいつまでも快適な暮らしを続けていただくための“ノウハウの集積”。アムキットホームの大切な財産となっています。