30年以内に東海地震が発生する確率は87%。だからこそ、確かな根拠に基づいた「耐震等級3」にこだわっています

5

最近も全国各地で地震のニュースを耳にすることが多いですが、私たち東海地方に暮らす人間にとって、大地震はいつ発生しても不思議ではない出来事。今後30年以内に大地震が発生する確率は、東海地震が87%東南海地震が60%と言われています。30年以内というと先のことのようにも思えますが、“明日来てもおかしくない”と思えば、備えはしっかりしておかないといけない気になりますね。

 

アムキットホームのある四日市市は、比較的地盤が柔らかい地域になります。地盤が柔らかいということは、マグニチュードや震源からの距離が同じであっても、地盤の固い場所に比べて揺れが強くなるということです。

 

だからこそ、家づくりにおいては「耐震性」は重要なキーワードになります。アムキットホームでは、木造住宅でありながら鉄骨並みの強靭な構造を作り上げることのできる「SE構法」を採用し、「耐震等級3」の家を標準仕様として提供していこうと考えています。耐震等級3というのは、震度6強の大地震の1.5倍の揺れでも倒壊、崩壊しないレベルということになるのですが、ひと口に耐震等級3といっても、その元となる構造計算には色々な方法があります。

 

少し専門的な話になってしまいますが、SE構法では一般的な木造住宅ではほとんど実施されていない緻密な構造計算を実施することで、非常に高い精度で安全性を検証しています。ですから、明確な根拠に基づいて「耐震等級3」を設定することができるのです。

 

四日市エリアを中心に東海地区でお家を建てていただく皆さまの安全を守るため、アムキットホームは、確実な「耐震等級3」にこだわっていきます。