【二世帯住宅で“強い家”を作るなら三重県四日市市の工務店アムキットホーム】

2

親世帯と子ども世帯を「共に暮らす場所で繋ぐ二世帯住宅。子育て世代であれば、3世代が暮らす家となります。高齢化社会の到来とともに政府も積極的に二世帯住宅を推進しており、条件に応じて補助金も用意されています。

二世帯住宅には大きく分けて①完全同居型一部共有型完全分離型の3つのタイプがあります。ご家族の状況によって選択肢は変わってきますが、どのようなタイプの二世帯住宅を建てるにせよ、設計の自由度の高い建築工法であれば暮らしのスタイルに合わせたお家を建てることができます。

たとえば、1階と2階に住み分けて暮らすタイプの二世帯住宅で、キッチンやお風呂は子ども世帯の暮らす2階にも作りたいという場合、2階にかかる重量の負担が大きくなります。また、ビルトインガレージも3台以上停められるスペースが必要になることも想定されます。そうなると、通常のお家以上に十分な耐震性能に備える必要があります。

二世帯住宅であっても、いや、それだからこそ、ご家族皆が安心して暮らせる強い家”にしたい──そうした願いに応えるのが「SE構法の家」です。

アムキットホームが採用している「SE構法」は、阪神淡路大震災で多くの家屋が倒壊したことをきっかけに生まれた工法です。強度が高く品質の安定した「構造用集成材」を使用し、柱と梁が強固に結合されたラーメン構造」を採用。さらに、1棟ごとにビルやマンションと同じように綿密な「構造計算」を行うことで、木造住宅であっても大地震や強風に遭っても耐えられる「強い家」を実現しているのです。

2世代、3世代で暮らす自由度の高い設計でありながら、地震や災害に強く安心して暮らせる家、SE構法の実績豊富なアムキットホームにお任せください。