【モデルハウス“温度測定”レポート──窓の効果が明らかに!】

この冬、アムキットホームモデルハウスでは、各部屋の“温度測定”を行ってきました。今回は、その結果から明らかになった“ある事実”をご紹介します。

部屋ごとの温度を測定し続けた結果、明らかになったのは、ある部屋の窓だけが外気の影響を受けやすかったということです。実はこの結果は、測定結果が出る前から予想されていたことでした。

アムキットホームの家では、高性能樹脂サッシ「YKKAP APW330」を標準採用しています。もちろんモデルハウスでも樹脂サッシを使用していますが、実は1箇所だけ、形状の問題で樹脂アルミ複合サッシの窓を採用しているのです。

その結果、やはり、その場所の窓だけが外気の影響を強く受け、他の窓の部屋よりも外気の影響を受けてしまうことがわかりました。

樹脂サッシの断熱効果があらためて証明された形です。

断熱性能を追求した窓にはトリプルサッシもありますが、寒冷地ほど冬の寒さが厳しくない三重県では、開放感のある大きな窓でも樹脂サッシで十分に暖かさを確保できます。

樹脂サッシの効果がひと目でわかる測定結果など詳しい情報を確かめてみたいという方はモデルハウス見学をご予約ください。測定グラフなどとともにご説明させていただきます。