【四日市でおにぎりといえば『桃太郎』──人気の秘密を探ってみました】

2

アムキットホームのある四日市の方なら誰もが知っている人気店なのに、他の街ではほとんど知られていない──そんな四日市名物といえば、そう、おにぎりテイクアウト専門店「おにぎりの桃太郎」です。四日市に住んでいると当たり前のように目にするのに、ほんと、“内弁慶”な存在なのです。

桃太郎のおにぎりを食べたことのある方なら今さら言うまでもないことですが、人気の秘密は桃太郎ならではのおにぎりの“ふっくら感”

その理由は「常温販売」にあります。コンビニでは冷蔵ケースで売られているおにぎりですが、桃太郎のショーケースは常温。だから時間が経ってもふっくら感がしっかり残ってくれるのです。

ただし、常温ではおにぎりは半日ほどしか日持ちしないとのこと。そういう理由で四日市周辺でしか出店できないのです。全19店舗中、17店舗が四日市・菰野エリアにあります。

そんな桃太郎のおにぎり、四日市市内では地区の運動会などのイベントでも引っ張りだこだといいます。その理由を知ってビックリ。なんと、当日雨が降ったときには無料でキャンセルさせてくれるのです。当日朝6時までならキャンセル料がかからないとなれば、主催側にとっては助かりますよね。四日市市内のイベントの注文件数は年間6000件以上だといいます。

創業者の上田輝一さんは40年以上前に単身渡米した先で出会ったマクドナルドのハンバーガーを食べて、これは日本のおにぎりなんだと感じ、帰国後おにぎりのテイクアウト販売を始めたとのこと。先見の明があったのですね。

久保田町にあるおにぎりの桃太郎本店の上にある大きな桃は、毎日8時・10時・12時・15時・17時の5回開き、中から桃太郎が姿を現します。市外に住むお友だちが遊びに来たときには、ぜひ見せてあげたいですね。