【住まいの専門用語を“ザックリ”と解説──『家づくり用語辞典』 第3回──】

宅地造成された分譲住宅地 イメージ

家づくりの中で初めて耳にする住宅・建築業界の「専門用語」を“ザックリ”と解説する「家づくり用語辞典」。今回は土地探しの際に知らないと損をする専門用語のご紹介です。

【市街化調整区域】(しがいかちょうせいくいき)

ザックリ言うと、あまり活発に家やお店などの建物を建ててはいけないという“制限”のある地域です。農地が広がっている地域だったりします。その区域に家を建てるためには、さまざまな制限条件をクリアしていないといけません。一方、自由に家を建てられるのが「市街化区域」。すでに住宅やお店、ビルなどが立ち並んでいる地域になります。希望する地域に土地が見つかっても、「市街化調整区域」である場合は注意が必要です。

【セットバック】

土地の前の道路幅が4メートル未満だったときに登場する言葉です。道路幅が足りないと、道路ギリギリに面してお家の敷地を確保することができません。道路の中心から2メートル下がった場所にお家を建てないといけなくなります。この下がらないといけない部分が「セットバック」部分になります。日本語でいうと「敷地後退」。敷地を全部使えるわけではなくなってしまうのです。後退した部分の土地は市や町に寄付して、道路として整備されることになります。

【接道義務】(せつどうぎむ)

お家の敷地が道路と「2メートル以上」接していないと家を建てることが許されていません。真四角の土地なら問題ありませんが、旗竿のような形だったりして道路に面している部分が少ない土地の場合は注意が必要です。

【がけ条例】(がけじょうれい)

お家の敷地が高さ「2メートル以上の“がけ”」に面していた場合、がけの高さの2倍以上離さないとお家を建てることができないと定められています。セットバックのときのように、敷地を全部使うことができないので注意が必要です。ただし、がけにブロックが積んであったりして、がけの強度が計算で証明できる場合は例外となります。

以上、土地探しの際に出会う専門用語のご紹介でした。

次回からはお家を建てる際に登場する専門用語を“ざっくり”ご紹介いたします。