【SE構法で実現する“大空間の平屋の家”──三重県四日市市羽津のアムキットホームモデルハウス──】

1

最近、幅広い年代層から注目が高まっている「平屋」。アムキットホームでも平屋をご希望されるお客さまが増えてきたように感じています。

SE構法で建てる平屋の魅力は大空間のLDK。1棟1棟基礎部分から綿密な構造計算を行っているSE構法でしたら、安心の強度を備えた大空間のLDKをも実現することができます。平屋であれば階段スペースも不要なので、ゆとりを持った空間設計ができるのも魅力です。

さらに、ライフスタイルの変化に応じて自由に間取りを変化できる、SE構法ならではの「スケルトン&インフィル」も実力を発揮します。

SE構法では、躯体や基礎、外壁などの構造部分=「スケルトン」と、内装や設備、仕切り壁=「インフィル」を別々に分けて設計しているので、間仕切りの位置を変えたいと思った時には、建築本体と切り離して簡単に組み替えられるようになっています。

ですから、将来、お子さんが巣立った場合に、子ども部屋の仕切りを取り払って趣味の教室用の広いワンルームにすることも可能です。

従来の日本家屋のイメージの枠を超えて、洗練されたモダンデザインの設計も目立つようになってきた平屋の家で、SE構法ならではの大空間の魅力を味わってみてはいかがでしょうか。