【耐震性が高く、デザイン面の自由度も高い家を提供するため──「SE構法」という選択】 

お客さまに長きにわたって安心して快適な暮らしを続けていただきたい──そうした想いから、徹底したアフターサービスに取り組んでいるアムキットホーム。
もちろん、「家」自体の建てる上での安全性に対しても、常に“進化”を目指しています。

 

安全性といえば真っ先に思い浮かべるのが「耐震性」ですよね。
最近は地震に対する強さとして「耐震等級」という言葉を耳にする機会も多いことと思います。
耐震等級は1〜3まで設定されており、アムキットホームでは、安心して住める家として、「耐震等級3」の家を標準仕様として提供していこうと考えています。

 

ただ、クリアしなければ問題もあります。
「耐震等級3」を確保するためには、デザイン面で、柱の位置などお客さまのご要望通りに設計できないケースも想定されてきます。
デザインの自由度が高く、耐震性が確実に信頼できる家──そうした住まいを提供するために新たに採用したのが、木造の温もりと鉄骨の強さを併せ持つ工法として最近注目されている「SE構法」です。

 

その具体的な仕組み・工法はまた回をあらためてご紹介させていただきますが、本格的な構造計算を行うことで確実な根拠に基づいた安全性が保証され、デザイン的にもお客さまのさまざまなご要望にお応えできるのが「SE構法」の魅力です。
この「SE構法」を通して、アムキットホームはよりいっそう“長きにわたって安心して暮らせる家”をご提供していきたいと考えています。