今年10月に消費税が引き上げ……ですが、“駆け込み需要”の動きに惑わされることなく、家づくりをすすめていきたいと考えています

1

新年あけましておめでとうございます。

今年も皆さまにとって良い1年でありますようお祈り申し上げます。

今年は5月の天皇陛下即位で新元号になるなど大きな変化が訪れる年となりそうですが、皆さんの生活、そして住宅業界にとっても、10月に予定されている消費税の引き上げが大きな影響を及ぼすことが予想されます。

注文住宅の場合、今年3月末までに請負契約が完了していれば消費税は8%のままということもあり、住宅業界の動きを見ていると、消費税が上がる前の“駆け込み需要”を狙って各社、営業活動を活発化しているというニュースも見受けられます。家づくりをスタートしている皆さんの中にもそうした動きを実感されている方もみえるのではないでしょうか。

たしかに消費税2%のアップは家づくりの費用に少なからず影響を与えるものになりますが、アムキットホームではそうした“駆け込み需要”を促す動きとは一線を画していきたいと考えています。

お家を建てるというのは、多くの皆さまにとって“一生に一度”の機会となります。アムキットホームではお客さまとの家づくりにできる限り時間をかけて、しっかり寄り添っていきたいと考えています。

将来にわたってご家族が暮らすお家、どのようなお家を建てていくのか、間取りや室内のコーディネートのことなど、一緒に打ち合わせの中で考えながら進めていくことはたくさんあります。それは家づくりの過程の中で一番楽しい時間でもあります。

そうした時間を多少犠牲にして、“9月末までには建てなれけば”と時間に追われるようなことがあっては、後で“もっとこうしておけば良かった”と思うことが色々と出てくることにもなりかねません。

現在、消費税引き上げ後の対策で、今年10月以降にお家を購入した場合にはローン減税の期間を3年間延長して13年間にするなどの減税策も検討されています。また、消費税引き上げの影響を受けるのは建物の価格だけで、土地の価格は元々非課税なので消費税の影響は受けません。

アムキットホームでは、消費税引き上げに関連した動きに左右されることなくお客さまにご満足いただける納得のいく家づくりをすすめていきたいと考えています。