大空間のインナーガレージの家を建てるなら「SE構法」が安心──三重県四日市市のアムキットホームにお任せください

5

お家の1階部分すべて、または一部をガレージにして、駐車スペースからそのままお家に繋がった仕様となるインナーガレージ(ビルトインガレージ)。雨に濡れることなくお家と車を行き来できるので、荷物の多いときや小さな子ども連れでのお出かけもラクラク。車を日常的に使用する生活をおくる上でこれ以上ないほど便利な存在です。

四日市市羽津町のアムキットホームのモデルハウスでは、7.5メートル幅の広々とした空間のインナーガレージを設けています。車種によっては3台が停められるほどのスペース。広々としたインナーガレージは見た目も使い勝手も非常に心地良い空間となります。

そんなインナーガレージですが、1階部分を丸々インナーガレージにすると1階部分の壁量が減ることになり、“耐震は大丈夫?”と不安に感じられる方もみえるかもしれません。たしかに、通常の在来工法の木造建築の場合であれば、耐震性能を確保するためには大空間の駐車スペースを設置することは難しくなります。

その点、アムキットホームが採用している「SE構法」の家は、「柱」と「梁」が強固に接合されている「ラーメン構造」で耐震性を高めているので、家の中に柱や壁が少なくても地震に強い家を実現することができています。さらに、1棟1棟、綿密な構造計算に基づいて耐震性の高さを検証しているので、安全性が十分に担保されているのです。

1階部分に大空間のインナーガレージがあっても、万が一の地震の際に安心して暮らせる家。アムキットホームはSE構法で実現します。

SE構法の詳しい情報はコチラからご覧ください。
http://www.amkit.jp/se/index.html