四日市市羽津町_新モデルハウス レビュー vol.9「パッシブエリアってご存知ですか」──自然の光をふんだんに使って快適な暮らしを実現します

2

四日市市羽津町のアムキットホームモデルハウスで出会っていただく「66の魅力」には、「強さ」「格好良さ」「快適さ」「省エネ」の4つのテーマがあります。今月は四季を快適に暮らすための仕掛けをご紹介します。

モデルハウスを訪れていただいた皆さまは、暖房を効かせていないにもかかわらず、室内が暖かいことに気づかれることでしょう。そう、モデルハウスは“冬を暖かく過ごせる家”なのです。

その理由は、大開口の窓。SE構法ならではの大きな窓から冬の陽射しがたっぷりと射し込んできます。といっても、陽射しを取り込むためには、ただ窓を大きくすればいいというものではありません。

アムキットホームではお家を設計する際に「パッシブエリア」を重視します。聞き慣れない言葉かもしれませんが、言い方を換えれば“快適にしたいゾーン”という意味です。窓の大きさは、この“快適にしたいゾーン”、冬場であれば暖かくしておきたいリビングの床の広さに応じて、窓面積を計算することで決まっていきます。

さらに、大きさとともに、窓の向きも大切になります。お家の建つ敷地に合わせて冬の陽射しが入る角度をシミュレーションして、窓の配置を決めます。だからこそ、最大限、冬の陽射しを取り込んで、暖かいお家にすることができるのです。

自然の光をふんだんに使った快適な暮らし、ぜひモデルハウスで体感してください。

モデルハウスの詳しい情報はコチラからご覧いただけます。
http://www.amkit.jp/modelhouse/index.html