“パートナー”との固い信頼関係がアムキットホームの家づくりを支えています

アムキットホームの家づくりは、住宅アドバイザーの伊藤や濱谷が「1000の質問シート」によるヒアリングを行いながらお客さまと綿密な打ち合わせを重ね、プランを作成。その後、着工してからは現場監督が工程を管理して進めていくという流れになります。

工事は基礎部分から建前、外壁、内装などの工程を経ていきますが、そこにはさまざまな業者さんや職人さんが関わることになります。実際に作業に携わる彼らの仕事は、お家の出来栄えに影響する大切な要素。積み重ねた経験とノウハウを活かして、お客さまにご満足いただけるお家に仕上げていきます。

アムキットホームでは施工にあたる業者さんは各業種とも1社から2社と絞り込み、長年、同じ業者さんとおつきあいさせていただいています。価格を武器に売り込みに来る新規の業者があっても、技術が第一。価格を理由に見直すことはありません。

家というのはどのような材料や技術を用いるにしても、結局は“人の手で作るもの”。確かな信頼に支えられた人間関係が出来上がっているからこそ、いい家が作れると私たちは考えているからです。

そうした家づくりの大切な“仲間”だからこそ、アムキットホームには“下請け”という言葉は存在しません。“協力会社”という呼び方で統一されています。これは、母体である東産業でも同様です。

お引き渡し後7年間、アフターサービス無償というアムキットホーム独自の「7年保証」も、選びぬいたパートナーの技術への信頼関係があってこそ成り立っているのです。