“冬の花火”はいかがでしょうか。「桑名水郷花火大会」、今週土曜日開催です

5

アムキットホームのお客さまも数多くお住まいの桑名市は、木曽三川の揖斐川と長良川が合流する水郷の町。かつては水上交通で栄えた歴史もあります。

揖斐川の中洲からおよそ1万発の花火を打ち上げる「桑名水郷花火大会」は桑名の夏を彩る風物詩となっていますが、今年は台風12号の影響で中止になっていました。

その花火大会が、今週土曜日、24日に開催されます。

場所は例年通り揖斐川河畔の鍋屋堤。中洲から打ち上げられる花火は、例年の規模では水中スターマインや東海地区最大級の2尺玉に、フィナーレを飾るのは空中ナイアガラというそうそうたるラインアップ。

今年は延期の事情もあり、多少規模は縮小される模様ですが、それでも河畔から眺める打ち上げ花火は迫力満点。水中スターマインは観衆のすぐそばまで迫ってくる大迫力で楽しませてくれることでしょう。

例年とは季節を変えた“冬の花火大会”。冬の夜空を彩る花火もまた趣きがあっていいかもしれませんね。どうぞ、暖かい服装でお出かけください。

※雨天時には25日に順延になります。