スタッフ紹介_住宅アドバイザー 濱谷藍子「お客さまと一緒に悩んだり考えたり。身近な存在となれるように心がけています」

4

今回はアムキットホームの家づくりの最前線でさまざまな業務にあたっている住宅アドバイザーの濱谷藍子をご紹介させていただきます。

──まずは、仕事内容について教えてください。

「お客さまとの打ち合わせでは、ご要望に合わせて間取りや設備の仕様などをご提案して、お家の具体的なイメージを描いていただいています。何度も打ち合わせを重ねる中で、お客さまと一緒に悩んだり、考えたりしながら、身近な存在になれるように心がけています」

──そうやってお客さまと接するだけでなく、“裏方”としての実務も色々こなしているんですよね。

「大工さんや塗装業者さんといった協力業者の方たちとの事務手続きや、建材・設備機器の発注業務も担当しています」

──お客さまとの家づくりに深く関わる仕事になりますが、どんなときに仕事の楽しさを感じますか。

「家づくりはお申込みからお引渡しまで、短くても1年程度、土地探しから始まって長い方だと2、3年のおつきあいになることもあります。一緒に家づくりの旅をしている気持ちになりますね。お客さまと一緒に考えながら作り上げたプランが多くの職人さんたちの手によってカタチになり、完成してお引渡しする際のお客さまの笑顔を目にすると、悩んだこともすべて良い思い出に変わります」

──どうして家づくりの仕事に関わるようになったのでしょうか。

大学では建築学部で学びましたが、特に住宅業界を志望していたわけではないんです。地元四日市で就職を考えていた時に、長年にわたって地域の人たちに密着したサービスを行っている東産業に魅力を感じて就職。縁あって、住宅事業部に配属されました。現在、入社7年目になります。

休日には家づくりに役立つ資格取得の勉強に勤しんでいるという濱谷。経験を重ねるごとにさまざまな仕事の楽しさに出会えるのが家づくりに携わる者の醍醐味。これからもお客さまに寄り添っていきたいと考えています。