新モデルハウス レビュー vol.6──玄関かまちの「間接照明」がお洒落な雰囲気を演出しています

四日市市羽津町のモデルハウスで出会っていただく「66の魅力」。「強さ」「格好良さ」「快適さ」「省エネ」の4つのテーマの中から「格好良さ」を感じられる場所をご案内します。

モデルハウスの玄関は、お客さま用と家族用に分かれた設計になっています。

今回の主役はお客さま用の玄関。框(かまち)の下に設置した「間接照明」が、お洒落な雰囲気を演出しています。

足元が間接照明に照らされてほんのり浮かび上がる空間、絵になりますよね。玄関は毎日通る場所です。奥の家族用玄関からお客さま用スペースを通って出かける際や、帰宅して玄関の扉を明けた瞬間、素敵な雰囲気の空間を目にしたら、きっと気分も上がるのではないでしょうか。

奥の家族用玄関は、来客のあるときには扉を閉め、お客さまの目に触れないよう隠しておけます。お子さんの靴が脱ぎっぱなしになっていても安心。格好良さだけでなく、使い勝手の良さもしっかり考えた玄関となっています。

お家の強さや省エネ性能など家づくりに大切な要素と、お洒落で快適な暮らしを演出するアイデアが詰まったモデルハウス、ぜひご覧においでください。