四日市市で「強い家」を建てるならアムキットホームにお任せを

皆さんは“自由設計”のお家を建てる際には、どのような点に重きを置いてみえるでしょうか。

デザインを重視される方もあれば、家族の暮らしに合った間取りにこだわる方など、それぞれ家づくりの中で大切に考えているポイントがあることでしょう。

アムキットホームでは、まず第一に「強い家」であることを基本に考えています。地震や台風、津波などの災害に遭った際にもしっかりと建っていてくれる家でなければ、どれだけ素敵な外観であったり、洒落た吹き抜けのある空間であっても意味がありません。

アムキットホームが採用している「SE構法」は、阪神淡路大震災で多くの家屋が倒壊したことをきっかけに生まれました。強度が高く品質の安定した「構造用集積材」を使用し、柱と梁が強固に結合された「ラーメン構造」を採用。さらに、通常の木造住宅では行っていないことですが、1棟ごとにビルやマンションと同じように綿密な「構造計算」を行うことで、木造住宅であっても大地震や強風に遭っても耐えられる「強い家」を実現したのです。

マグニチュード9の東日本大震災や震度7の揺れに2度見舞われた熊本地震の際にも、SE構法の家は倒壊件数ゼロ。全壊や半壊などの被害も受けていません。

よく地震の揺れを再現して、何十回の揺れに耐えましたと謳っているCMがありますが、それは実験の際に使われた家の構造で実証実験した場合の話。同じ仕様であっても間取りが変わったりすれば、同様の耐震性能が保証されるわけではありません。

1棟1棟構造計算を行って、耐震性能を理論的に裏付けるのは非常に手間のかかる作業になりますが、安心して暮らしていただくためには必要不可欠なこと。アムキットホームはすべてのお家にSE構法を採用。地震や台風など災害に「強い家」を実現していきます。