「強い家」とはどんな家? 四日市市羽津町のアムキットホームモデルハウスでその答えを見つけてください

8

今年7月、四日市市羽津町に誕生したアムキットホームのモデルハウスには、自由な空間設計や自然の光や風を生かしたパッシブ要素などさまざまな見どころがありますが、見学に訪れていただいた多くの皆さまが、「強い家」というポイントに興味を惹かれるのも特徴です。

大切なご家族とともに暮らすお家、北海道を襲ったような大地震や、列島縦断で大きな被害をもたらした大型の台風、津波などの自然災害に遭った際にも“しっかりと”建っていてくれる家でなければいけません。素敵な外観やお洒落な空間も、「強い家」が基礎を支えていてこその魅力です。

モデルハウスには「三重県初登場! SE構法モデルハウス」と書かれた大きな垂れ幕がかっています。「SE構法」は、阪神淡路大震災で多くの家屋が倒壊したことをきっかけに生まれた家づくりの工法です。強度が高く品質の安定した「構造用集積材」を使用し、柱と梁が強固に結合された「ラーメン構造」を採用。

さらに、通常の木造住宅では行っていないビルやマンションと同じように綿密な「構造計算」を、お客さまのお家1棟ごとに行います。土地の周辺環境や立地条件によって1棟1棟条件が異なるからです。

このような徹底した取り組みによって、SE構法は木造住宅であっても大地震や強風に遭っても耐えられる「強い家」を実現しているのです。

マグニチュード9の東日本大震災や震度7の揺れに2度見舞われた熊本地震の際にも、SE構法の家は倒壊件数ゼロ。全壊はもちろん半壊の被害も受けていません。

1棟1棟、綿密な構造計算を行って、耐震性能を理論的に証明していくのは非常に手間のかかる作業となりますが、安心して暮らしていただくためには必要不可欠なこと。アムキットホームはすべてのお家にSE構法を採用し、地震や台風など災害に「強い家」を実現していきます。

今年はどんなハロウィンを楽しみますか?

7

毎年この時期になると各地で開催されるハロウィンイベント。テーマパークやスイーツ店は随分前からハロウィン一色でしたが、今週末は四日市や鈴鹿でもハロウィンイベントが目白押しです

アムキットホームのある四日市では、10月27日(土)に四日市駅近くの「すわ公園交流館」で「ハロウィンパーティ2018」を開催。仮装をして街の中を歩き、神社や商店街を回ってスタンプを集めます。

かぼちゃの重さ当てクイズや、ジャック・オ・ランタンのような帽子を作る簡単工作などお楽しみもイッパイ。限定500名予約制ですので、参加してみたいという方は、諏訪公園内にある「こどもの家」に問い合わせてみてください。

鈴鹿では、10月27日(土)・28日(日)、鈴鹿ハンター隣りの弁天山公園特設ステージで開催される「Suzuka Halloween」が恒例のイベント。27日は前夜祭。28日には11メートルの豪華ステージでパフォーマンス仮装コンテストが繰り広げられます。大人も子どもも一緒になって、丸1日、ハロウィン気分で盛り上がれそうですね。

新モデルハウス レビュー vol.6──玄関かまちの「間接照明」がお洒落な雰囲気を演出しています

四日市市羽津町のモデルハウスで出会っていただく「66の魅力」。「強さ」「格好良さ」「快適さ」「省エネ」の4つのテーマの中から「格好良さ」を感じられる場所をご案内します。

モデルハウスの玄関は、お客さま用と家族用に分かれた設計になっています。

今回の主役はお客さま用の玄関。框(かまち)の下に設置した「間接照明」が、お洒落な雰囲気を演出しています。

足元が間接照明に照らされてほんのり浮かび上がる空間、絵になりますよね。玄関は毎日通る場所です。奥の家族用玄関からお客さま用スペースを通って出かける際や、帰宅して玄関の扉を明けた瞬間、素敵な雰囲気の空間を目にしたら、きっと気分も上がるのではないでしょうか。

奥の家族用玄関は、来客のあるときには扉を閉め、お客さまの目に触れないよう隠しておけます。お子さんの靴が脱ぎっぱなしになっていても安心。格好良さだけでなく、使い勝手の良さもしっかり考えた玄関となっています。

お家の強さや省エネ性能など家づくりに大切な要素と、お洒落で快適な暮らしを演出するアイデアが詰まったモデルハウス、ぜひご覧においでください。

新モデルハウス レビュー vol.5──スイッチやドアノブ、インテリアの細部にまでこだわった家づくりを楽しめます

四日市市羽津町のモデルハウスに盛り込まれた「66の魅力」。今回は、見学に訪れていただいたお客さま、特に女性の方が目に留められて、「ウチもこういうタイプにしたいんです!」と言われることの多いポイントをご紹介します

それは「照明のスイッチ」です。

何気なく見過ごしてしまいがちなお家の中のスイッチ類ですが、インテリアにこだわった素敵なお家に暮らすのに、照明のスイッチが味気ないものではちょっと残念ですよね。「リビング」とか「洗面室」とか書いてあるのも…。たしかに便利ではありますが、毎日使用されるご自宅のスイッチであれば、なくても困らないと考える方も少なくありません。

モデルハウスでは、木製のスイッチプレートに黒のスイッチを合わせて、お家の中の各所に配しています。フロアの雰囲気とマッチするようにセレクトしました。プレートとスイッチは別のメーカーの品を組み合わせています、と聞いて、男性の方は驚かれることが多いのですが、お洒落な家づくりにこだわる女性の方はご存知ですね。

ドアノブ1個からインテリアの細部にもこだわっていけるのが、自由設計の家づくりの魅力。アムキットホームではお客さまの好みに合わせてお選びいただけるように豊富なアイテムを用意して、家づくりの楽しさを味わっていただいています。

四日市市羽津町のモデルハウスは“完全予約制”です

2

四日市市羽津町のアムキットホームのモデルハウス「SE構法の家」は、大きな窓や吹き抜け空間など開放感たっぷりの空間でありながら、すぐれた耐震性能を備えた“最先端の木造住宅”を体験できる場所です。

自由度の高い空間で快適に過ごせて、地震や台風のときでも安心して暮らせる“強い家”に暮らしたい──そういったお家を望まれる方にぜひご覧になっていただきたいモデルハウスです。

ただ、モデルハウスを訪れる際には、ご予約の上”、ご来場いただけるようにお願いしています。ご予約なしでお立ち寄りいただいても、ご案内には対応しておりません。

その大きな理由は、ご予約の上、見学に訪れていただいているお客さまのことを最優先に考えてのことです。モデルハウスでお話を聞かせていただいたり、ご案内をしている間、お客さまには“自分たちだけの空間”として安心した状態で、リラックスして過ごしていただきたいと思っているのです。

お客さまの中には小さなお子さま連れの方も少なくありません。他のお客さまの迷惑にならないようにと気を遣われる心配もいりません。ゆっくりと打ち合わせしながらモデルハウスの中をご覧いただけます。

一生に一度の大切な家づくり、モデルハウスの魅力をたっぷりと体感していただくとともに、お客さまの家づくりへの想いを十分に聞かせていただきながら、家づくりのパートナーとして素敵な出会いができればと願っています。

ご見学予約はこちらからお願いします。
http://www.amkit.jp/reserve/index.html